海外旅行に行く前にやること7選

旅行計画

本記事では海外旅行に行く前に決めておくべきこととやることをご紹介します。

海外旅行って慣れないので、何を決めなきゃいけないのか、何を準備しておくべきか分かんないですよね。

本記事を読むことで海外旅行に行く際に何をやるべきかが分かります。

  1. 海外旅行先の治安を調べる
  2. たびレジに登録する
  3. 旅行計画を立てる
  4. ポケットWifiを借りる
  5. 海外旅行保険に入るか検討する
  6. 持っていくものを整理する
  7. スマホのバックアップを取る
  8. 外務省の安全ホームページを漁る(おまけ)

海外旅行に行く前にやること1:海外旅行先の治安を調べることで防犯意識を高めよう

海外旅行先の治安を知ることはめちゃくちゃ大事です。

海外旅行先によっては、下手すれば自分の命に関わります。

海外旅行先ではテロや軽犯罪(スリや置引)などが発生していることがあります。

ちなみに僕はイタリアでスリにあって金銭的に痛い目にあったことがあります。

自身の経験からも海外旅行先の治安を調べることを身を持っておすすめします。

僕も海外旅行に行く前は必ず外務省海外安全ホームページで渡航先の治安や安全情報を調べます。

もしかしたら渡航しては行けないような危険情報が発信されているかもしれません。

渡航禁止の情報が出ている場合、海外旅行先の変更を検討することをおすすめします。

身の安全や何事もなく無事に楽しく過ごすことが何よりも大事です。

外務省海外安全ホームページ>>>https://www.anzen.mofa.go.jp/riskmap/

海外旅行に行く前にやること2:たびレジに登録しておくことで自分の身の安全を守る確率をあげよう

たびレジに登録することで海外旅行先の治安を調べておくことに加え、より身の安全を確保することにつながります。

たびレジは外務省が発信する海外安全情報メールサービスです。

迷惑メールが届くこともありませんし、登録も5分くらいあれば終わります。

たった5分の作業で身の安全を守る確率が上がるのですから、登録しないともったいないです。

「たびレジ」に登録すると現地の大使館・総領事館から、日本語で最新の安全情報がメールで届きます。また、大規模な事件・事故、テロ、自然災害等緊急事態が発生した場合、被害の状況によっては、現地の大使館・総領事館から、緊急連絡のメールが届き、安否の確認や必要な支援などを受けることができます。

出典:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/faq.html

海外旅行に行く前にやること3:旅行計画を立てる

海外旅行に行く前に旅先でのある程度のプランを立てておくことをおすすめします。

海外は慣れてない人にとってはストレスだらけです。

ストレスを減らして、楽しい旅行にするためにも旅行計画を立てることをおすすめします。

詳細はめんどくさいけど海外旅行計画を立てておくべき4つの理由に書いたので興味ある人は読んでみてください。

行き当たりばったりでも楽しめる!海外に慣れている!という人は旅行計画は立てなくてもいいと思います。

海外旅行に行く前にやること4:海外旅行用のポケットWifiを借りる

海外旅行ではポケットWifiを借りることをおすすめします。

海外旅行先では、格安SIMだとインターネットに接続できなかったり、3大キャリア(docomo,au,softbank)だと1日3,000円近くも取られたりもします。

海外旅行なので、5日行くことなんてザラですよね。そうなるとインターネットの料金だけで5日で1,5000円もかかることになります。

レンタルのポケットWifiだと安いと1,500円〜3,000円程度で借りられることもあります。

3台キャリアのサービスを使った場合の差額はなんと1万円以上もあります。

この1万円で海外旅行先で美味しいものをたべたり、マッサージやスパで体を癒すことに使った方がよっぽど有意義です。

レンタルWifiもそんなに手間がかかることなく、借りることができるので、借りておくことをおすすめします。

旅行先で現地の格安SIMを借りるのもありだと思います。

先日羽田空港で3人の女性グループがいたのですが、それぞれ個別にレンタルWiFiを持っていました。

Wifiだったら3人とも接続できるので、Wifi1台大容量プランで借りてシェアした方が安く済むかなと思います。

海外旅行に行く前にやること5:海外旅行保険に入るか検討する

一般的には想定外のことが発生しやすい海外では海外旅行保険に入ることがおすすめされます。

ただ僕は国によっては、海外旅行保険に入るかどうかを決めています。

海外旅行保険も決して安くはないので、入るか入らないかの自分なりの基準を持っています。

例えば、アメリカだと医療費が非常に高いので、クレジットカードで付帯される保険ではまかなえそうになかったので、海外旅行保険に加入していきました。

シンガポールだと医療費はクレジットカードで自動付帯される無料の海外旅行保険でまかなえそうだったので、HISやAIUが提供するような海外旅行保険には加入しませんでした。

上記の僕の事例から実際に海外旅行保険に入るかどうか以下の手順で判断しています。

  1. 海外旅行先でかかる医療費を調査する
  2. 自分の持っているクレジットカードの海外旅行保険の補償内容で1で調査した医療費がまかなえるか確認
  3. クレジットカード付帯の海外旅行保険でまかなえる場合、海外旅行保険には入らない。
  4. クレジットカード付帯の海外旅行保険でまかなえない場合、海外旅行保険に入る

海外旅行に行く前にやること6:持っていくものリストを整理する

海外旅行に行く前に持っていくものリストを早目に整理しておくことをおすすめします。

理由は、直前に持っていくものを決めるとあれば足りない、これが足りないと直前に焦ることになるからです。

事前に持っていくものリストを書いておけば、休日や空いた時間に買いに行くことができます。

また、パスポートやビザなど重要なものを忘れると本当に致命的なので、極力持っていくものリストを書いておくことをおすすめします。

海外旅行に行く前にやること7:スマートフォンのバックアップを取ろう

海外旅行に行く前にスマートフォンのバックアップを取ることをおすすめします。

理由は、旅行先でスマホをなくしてしまうと旅行に行く前に撮った写真やLINEなどのトーク履歴などが復元できなくなってしまうからです。

海外旅行の観光地は割と高い場所にあることが多く、高い所からスマホを落としてしまうと紛失するか高い確率で壊れます。

バックアップを撮っておけば旅先でもしスマートフォンをなくしても新しいスマートフォンを買えば過去のデータを復元することができます。

スマホ本体をなくしただけでもショックなのに、過去のデータも戻せないとなったらさらにショックですよね。

少しでもショックを和らげるためにご自身のスマートフォンのバックアップは取得しておきましょう。

海外旅行に行く前にやること(おまけ):外務省のホームページを漁る

余力があれば外務省のホームページをあさることをおすすめします。

外務省のホームページは海外渡航に有益な情報が多いです。

例えば、「海外安全虎の巻」なんかは海外旅行の心構えを非常に簡潔にまとめてくれています。

分かりやすいし、情報の正しさも保証されていて無料なのが海外安全虎の巻のいいところです。

画像の通りイラストも交えながら説明してくれるので、とても分かりやすいです。

海外安全虎の巻のイメージ

海外安全虎の巻のイメージ(https://www.anzen.mofa.go.jp/life/より引用)

イラスト込みでページ数も60ページくらいなので、30分〜1時間で読めます。

読んでおいて損はしないと思うので、一度目を通してみてください。

海外安全 虎の巻の閲覧・ダウンロードはこちら>>>外務省 海外安全ホームページ

同じく外務省 海外安全ホームページの「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」もおすすめです。

海外渡航の心得が漫画で学べます。多少お堅い感じは否めませんが、漫画という点が読むハードルをさげてくれます。

ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアルの閲覧・ダウンロードはこちら>>>外務省 海外安全ホームページ

海外旅行に行く前にやることまとめ

海外旅行に行く前にやることについて書いてきましたが、最後にまとめたいと思います。

  1. 海外旅行先の治安を調べる
  2. たびレジに登録する
  3. 旅行計画を立てる
  4. ポケットWifiを借りる
  5. 海外旅行保険に入るか検討する
  6. 持っていくものを整理する
  7. スマホのバックアップを取る
  8. 外務省の安全ホームページを漁る(おまけ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました